新会社法・会社設立.net

トップページ会社設立の手続>会社設立の方法・手順と時間

会社設立の方法・手順と時間

その1 株式会社の設立

新会社法・会社設立.netで株式会社設立をお申込みいただくと、設立までの流れは以下のようになります。

1、会社の基本事項の決定 (チェックシートのご記入)
会社名、会社の所在地、事業内容、出資者(発起人)、役員(取締役、場合によっては監査役等)、営業年度、発行株式数などについて決定していただきます。
2、定款作成・定款認証
お客様に決定していただいた、会社の基本事項を基に、会社の機関、役員の任期、決算の時期、事業内容等についての確認を行い、お客様の会社にあわせた定款作成を行います。 定款作成後、公証役場にて定款認証を行います。
3、資本金の払い込み・会社の印鑑の用意
資本金を確認するために個人の通帳に資本金を払い込み、その通帳のコピーまたは残高証明を取得します
4、会社設立に関する書類に印鑑を押して、法務局に会社設立の申請をする。
会社設立に関する書類を全て整え、法務局に申請いたします。※登記申請に関しては、司法書士が行います。
5、会社設立完了
登記完了後、登記簿謄本、印鑑証明書等を必要な通数分、取得してお渡しします。
手続にかかる時間について

手続にかかる時間ですが、1から4まで(基本事項の決定から、申請までは、だいたい1週間程度で完了します。ものすごく急いで申請まで完了したい方は、ご相談下さい。4から5まで(設立の書類提出から、会社の書類取得まで)については、だいたい1週間から2週間程度です。

通常、ご依頼から書類取得まで、だいたい3週間程度で完了いたしますが、ものすごく急いで手続を進めたい方は対応いたしますので、ご相談下さい

最短で、1日で定款認証から会社の書類提出まで行うことが可能です。

その2 合同会社の設立

1、会社の基本事項の決定 (チェックシートのご記入)
会社名、会社の所在地、出資の額、社員、営業年度、事業内容などについて決定していただきます。
2、定款作成
お客様に決定していただいた、会社の基本事項を基に、決算の時期、事業内容等についての確認を行い、お客様の会社にあわせた定款作成を行います。 ※株式会社のような定款認証はありません。
3、資本金の払い込み・会社の印鑑の用意
資本金を確認するために個人の通帳に資本金を払い込み、その通帳のコピーまたは残高証明を取得します
4、会社設立に関する書類に印鑑を押して、法務局に会社設立の申請をする。
会社設立に関する書類を全て整え、法務局に申請いたします。※登記申請に関しては、司法書士が行います。
5、会社設立完了
登記完了後、登記簿謄本、印鑑証明書等を必要な通数分、取得してお渡しします。
手続にかかる時間について

手続にかかる時間ですが、1から4まで(基本事項の決定から、申請までは、だいたい1週間以内で完了します。ものすごく急いで申請まで完了したい方は、ご相談下さい。4から5まで(設立の書類提出から、会社の書類取得まで)については、だいたい1週間から2週間程度です。

通常、ご依頼から書類取得まで、だいたい3週間程度で完了いたしますが、ものすごく急いで手続を進めたい方は対応いたしますので、ご相談下さい。

最短で、1日で書類の準備から会社の書類提出まで行うことが可能です。

Copyright(C)2006‐2007新会社法・会社設立.net.All rights reserved.