新会社法・会社設立.net

トップページ新会社法の特徴>合同会社(LLC)の設立

合同会社(LLC)の設立

合同会社(LLC)が設立できるようになりました

新会社法施行により、合同会社(日本版LLC)がスタートしました。

合同会社とは、出資者の責任は有限責任でありながらも、出資比率に基づかない自由な意思決定や利益分配ができる新しい会社形態で、LLPとともに、起業や共同事業などでの活用が期待されています。アメリカなどでは、よく利用されている会社形態です。

新会社法・会社設立.netでは、合同会社設立のお手伝いも行っております。

合同会社(LLC)とは?

Limited Liability Companyの略で、正式名は「合同会社」といいます。

最低資本金の規制はなく、有限責任社員1人以上で設立可能です。

出資者全員が出資額の範囲内で済む有限責任でありながら、意思決定や利益分配を出資額とは無関係に決めることができる唯一の会社類型です。

合同会社の特徴

(1)有限責任制

出資額に関係なく、無限に責任を負う合名会社や合資会社とは違い、社員(出資者)は株式会社の出資者と同じく、出資額の範囲までしか責任を負いません。

(2)内部自治制

株式会社と違い、利益や権限の配分が出資金額の比率に拘束されません。

また、取締役会や監査役のような機関を設置する必要がありません。

(3)社員数

社員1名のみの合同会社の設立・存続が認められます。

(4)意思決定

社員の入社、持分の譲渡、会社設立後の定款変更は、原則として社員全員の同意によります。

(5)業務執行

各社員が原則として業務執行権限を有しますが、定款で一部の社員のみを業務執行社員と定めることも可能です。

(6)決算書の作成

貸借対照表、損益計算書、社員持分変動計算書の作成が必要です。

合同会社を設立するにあたって

合同会社は、会社設立時の費用も10万円で、株式会社と比べると安いです。

特に資金提供者、企画提供者、制作者などの間で、それぞれの貢献度に応じて報酬を自由に決めることができる会社運営をしたい人や、スモールビジネスを行いたい方は合同会社はオススメの形態です。

新会社法・会社設立.netでは、合同会社設立のお手伝いも行っておりますので、合同会社を活用して起業しようと考えている方、すぐに合同会社を設立したい方など、お気軽にご相談ください

Copyright(C)2006‐2007新会社法・会社設立.net.All rights reserved.